Fill Light

将来への不安があるのは考えすぎ?不安解消への4つのアクション

将来への不安があるのは考えすぎ?不安解消への4つのアクション

「老後の暮らしに不安がある」、「将来も今の生活レベルを維持できるか不安」など、将来に対する不安を抱く人は少なくありません。

特に昨今の日本は先が見通せず不安定な社会に変化しつつあり、誰もが安心して暮らせる社会とは断言できない状況です。

しかし、周囲の人を見るとそのような不安な素振りが見えず、「自分は考え過ぎなのだろうか」と感じてしまうこともあるでしょう。

本記事では、将来の不安を抱く原因やそれを解消するためのアクションなどを詳しく解説します。

将来の不安の原因

将来に対する漠然とした不安を抱くのはなぜなのでしょうか。人によってもその原因は異なりますが、特に多いものをいくつかご紹介します。

お金

日本は長きにわたって経済が停滞し、バブル期を境に「失われた30年」という時代が続いてきました。

近年では株価の相場がバブル期に迫る勢いを見せていますが、一般市民の生活に目を向けると物価高が直撃し、税金は年々上昇しているにもかかわらず賃金の上昇幅はごくわずかで、むしろ生活が苦しくなっていると感じる人が多い傾向にあります。

このような状態が今後さらに続いていくのではないかと感じ、経済的な不安を抱える人は少なくありません。

仕事

一定の生活レベルを維持するためには安定した仕事に就き、継続的な収入を得る必要があります。

従来の日本は終身雇用や年功序列型の雇用制度が一般的でしたが、近年では雇用の流動化が進み、すべての労働者が安定した仕事に就けるとは限らない状況です。

また、現在は人間が担っている仕事も機械化やAI化が進み、将来的に職を失うのではないかと危惧する人も少なくありません。

さらに、人生100年時代を迎えようとしている昨今、年を重ねてから職を失い、そこから新たなスキルを習得できないのではないかと不安を抱く人もいます。

他人との比較

自分の人生と他人の人生を比較することで不安に陥る人も少なくありません。

たとえば、自分自身は未婚で定職にも就けていない一方で、学生時代の同級生が順調に出世や結婚、子どもの誕生といったイベントを迎えていると、「自分はいつまでも前進しないのではないか」と不安になることもあるでしょう。

夢や目標がない

人生における夢や目標が定まっていないと、自分は何のために生きているのかと不安になり、このまま漫然と日々を過ごしていて良いのか疑問に感じることもあります。

特に、自分と同年代の成功者を見たとき、夢や目標すらも見つけられない自分が嫌になり、自分自身の将来がある程度見えてきて絶望することも少なくありません。

老後

従来の日本では、60歳の定年を迎えた後は仕事を退職し、年金で充実した老後の生活を送るというパターンが一般的でした。

しかし、現在は年金支給額が減少しているため老後の蓄えが必須であるほか、定年後も再雇用などで働くことが当たり前となっています。

将来は少子化がさらに進むことが確定的となっているため、今よりもさらに年金支給額が減り生活が困窮するのではないか、老後の世話をしてくれる人もいなくなるのではないかと不安を抱く人が少なくありません。

将来の不安を解消するためにできる4つのアクション

将来の不安は人によってもさまざまですが、最終的にはお金の問題に帰結することが多いものです。

そのため、将来の不安を解消するために今のうちからできることは、「お金を稼ぐ力を身につけること」ともいえるのです。

これを実現するために重要な4つのアクションをご紹介します。

目の前の仕事に全力で取り組む

「ブラック企業」という言葉が一般的になった現在、今の仕事で精神的・肉体的に悪影響が出ているのであれば無理に続ける必要はありません。

しかし、職場環境に特に問題がなく、次に自分がやりたいことも特に決まっていないのであれば、まずは目の前の仕事に全力で取り組んでみましょう。

真剣に仕事に取り組むことで、新たなやりがいを見つけられたり、上司や周りの人からの見る目が変わり昇給や昇進などで現状が大きく変わる可能性もあります。

コミュニケーション能力を磨く

職種によっても程度の差はありますが、基本的にどのような仕事でもコミュニケーション能力が求められます。

挨拶をしても無視される、指示を出しても返事が一切ない、など極端にコミュニケーション能力が低いと、仕事を教えてもらえず孤立することもあるでしょう。

また、極端にコミュニケーション能力が高くなくても、職場内で良好な人間関係を築けていれば仕事で困ったときに周囲の同僚や上司から助けてもらえる可能性もあります。

仕事に直結する資格・スキルを身につける

一般的に誰でもできるような簡単な仕事と、資格や特別なスキルがないとできない仕事を比較した場合、当然のことながら後者の方が収入が高い傾向があります。

また、こうした職種は職歴さえあれば年齢に関係なく転職ができ、転職後の収入にも資格やスキルが反映されやすいです。

そのため、資格やスキルを習得することはキャリアを切り拓くための大きな武器となるでしょう。

人間関係を見直す

友人や恋人など付き合う人によっても人生が大きく左右されることがあります。

たとえば、気の合う友人だったとしても、会うたびに愚痴や他人の悪口を聞かされていると、その人と付き合っているだけでネガティブな気持ちになってしまいます。

また、友人や恋人との付き合いに膨大なお金が発生しており、生活に影響が出ている場合には人間関係を見直す必要もあるでしょう。

成功者や向上心のある人など、関わっていることで自分に対して何らかのプラスがある人や、ともに成長していける人と付き合っていくことが重要です。

将来への不安でうつになる?

不安や心配事が続くと、うつや適応障害、統合失調症などの精神疾患を発症することがあります。

うつと聞くと仕事や家庭内でのストレスや極度のプレッシャーなどが原因となるイメージがありますが、人によっても理由はさまざまです。

精神疾患を防ぐためには、将来への不安を払拭するための行動をとり続けることが重要であり、その結果「自分は大丈夫」と安心感を得ることができます。

同時に、後述するように「将来に不安があるのは誰でも同じ」という気楽な気持ちを持ち続けることも大切な要素です。

将来に不安があるのは普通のこと

あるアンケート調査によると、将来に不安がある人の割合は9割以上と極めて高く、むしろ全く不安がないという人の方が少数派です。

一見、仕事やプライベートが充実しているように見える人でも、内心では将来に対する不安を抱えていることは多いものです。

たとえ現在安定した仕事に就いていたとしても、将来のことは誰にも分からず想定外の事態に見舞われる可能性もあります。

物価が高騰しているにもかかわらず賃金はほとんど上昇せず、税金だけが上がり続けている昨今において、不安や危機感を抱くのは当然のことであり、むしろ現状を正しく認識できている証拠ともいえるでしょう。

将来に対する不安や心配事を考えればきりがなく、精神的に不安定になってしまうのは仕方のないことです。しかし、それは決して自分ばかりではなく、多くの人にとっても同じ状況なのだと考えることで少しは楽になるはずです。

まとめ

未来が見通せず不安定な社会の昨今、将来の不安や心配事を払拭することは極めて困難です。

老後の不安や他人との比較、仕事に関する悩みなど、これらを突き詰めて考えると最後はお金の問題に行き着くことが多いです。

しかし、目の前の仕事に全力で取り組み、スキルアップや自分にとってプラスとなる人間関係を構築することで、経済的な問題や将来への不安は緩和できる可能性があります。

同時に、自分だけが悩みを抱えているのではなく、多くの人が抱える共通の問題であると認識することも大切な要素といえるでしょう。

RECOMMEND関連記事